きっかけは、Dr.Eger

私たちはDr.Egerと出会いました。
Dr.Egerの語るオリーブオイルの不思議なチカラ、そして今私たちの健康を脅かす油の問題。。。とくに子供の未来の健康におよぼす油の影響について語るDr.Egerの情熱的でやさしいまなざし。

「こうした背景のもと、自分はオリーブオイルをスプレッド化することで、加工食品に使われているトランス・ファットからフリーの社会を実現したいんだ。

もちろん私たちの世代の健康のこともあるけど、一番はこれからの未来を担う子供たちのためにね」

このDr.Egerの理念に共鳴して、私たちは日本に戻りさっそく会社を設立することにしました。

社名の由来は?

社名は、オリーブ(OLIVE)の文字を並べ替えて、VOLEIとしました。

Dr.Egerは言いました。
「古代から人類のカラダの源となってきたオリーブオイル。その潜在力を日本で花開かせたい。」

そんな思いを込めて、この社名にしました。
このDr.Egerの理念に共鳴して、私たちは日本に戻りさっそく会社を設立することにしました。

 

 

 
ボレイは地中海の食育を伝えます。  

「食育」という言葉がこのところいわれるようになりました。子どものころにしっかりとした食の知識を身につける。また、母親になる方が身につける。
脂肪についての少し考えてみては。地中海の国では、オリーブオイルは離乳食として古くから用いられています。

 
脂肪の量と質が子供の成長の鍵をにぎる。  

脂肪は、子どもの成長に欠かせない栄養素です。
そう、どんな脂肪を摂取するかが、子どもの成長に直接影響をもたらします。
細胞をかたちづくる脂肪、そして脳の60%を占める脂肪。
神経細胞にいたっては75%が脂肪。
そして、子どもに摂取した脂肪が、脳が成長はもちろんのこと、細胞ひとつひとつの成長に少なからず影響をもたらすわけです。

授乳中の方は特にトランス脂肪酸に気をつけましょう。
母親がトランス型脂肪酸を摂取すれば母乳中に分泌されます。
急速に成長している乳児が取り込んだトランス型脂肪酸を自分の細胞膜に使うとアレルギーやアトピー体質になりやすくなります。
授乳中の女性は特にトランス型脂肪酸に気をつけましょう。

 

⇒植物性人工脂肪のトランス脂肪酸は健康の敵 [食と健康] All About

 

 
 
「良い脂肪酸の啓蒙」  
これがボレイのミッションです。赤ちゃんが毎日食べても安心で、健康的な食をギリシャ・地中海地方から、日本人の安心で豊かな食生活のために提案していきます。